園小混合クラス1月2回目・粘土でおせち

osechi01KIMG0142

お正月におせちを食べた子ども達も多かったのではないでしょうか。
今回は粘土を使って小さなおせち料理を作りました。

時間の関係で、かまぼこ・手綱こんにゃくは、あらかじめ作ったものを使い、他は全て手作りします。ハサミや竹串、ストローなども使いながら制作していきました。

KIMG0156

<伊達巻き>伸ばした粘土を巻いて、竹串で回りにでこぼこを付けます。
<きんとん>茶巾絞りの模様を竹串で表現し、抹茶と小豆と栗の粘土を飾ります。
<くろまめ>入れ物も粘土で作り、小さく丸めた「豆」を入れます。
<伊勢エビ>ストローや竹串で体の模様を付け、触覚にはモールを使います。
<菊花かぶ>伸ばした粘土に切れ目を入れて巻いて紅白の花形の「かぶ」を作ります。

紙製の重箱にお料理をひとつひとつ詰めて行く作業も、子ども達は大変楽しかったようで
「お腹がすいたよ〜」「食べたいな〜」と、わいわい賑やかなおせち作りでした。